クリスマスに観るお薦め映画!(大停電の夜に)と(7月24日通り)

この記事は2分で読めます

「イエスの生まれた日にノーとは言わせない」
お笑いのスピードワゴン小沢
クリスマスの口説き文句として使っているらしい。

そんな口説き文句を使える人も
恋人がいなくて全く関係ない人も
クリスマスの夜をどう過ごすか

今年のクリスマスは平日という事もありますが
喧噪をさけて家で
映画はどうでしょうか?

そこで調べてみると圧倒的に人気のある
クリスマスにみる映画は

大停電の夜に

7月24日通りのクリスマス

今回はこの二つの映画を紹介したいと思います。
最後まで楽しんで頂けたら嬉しいです。

スポンサードリンク

映画「大停電の夜に」は?

クリスマスイブの夜、上司との不倫関係を清算し
泣きながらホテルのエレベーターに乗り込む美寿々(井川遥
エレベーターボーイで中国人研修生・李冬冬(阿部力)が

彼女の顔を心配そうに覗き込んだとき
東京中のイルミネーションが消えはじめエレベーターも急停止した。
四角い空間の中でとりとめもなく会話をしているうちに

いつしか客とホテルマンの間に奇妙な友情が芽生え
互いの恋について語り始める。

bandicam 2015-10-19 16-53-58-338

地下鉄に閉じ込められた元ヤクザの銀次(吉川晃司)は
人生の幸せを感じている妊婦の礼子(寺島しのぶ)の陣痛に遭遇する。

いっこうに電車は動きそうになく
礼子の陣痛はいよいよ激しくなってくる。
銀次は礼子を救うため、彼女を背負って地下鉄から脱出しようとする。

キャンドルショップの店主・のぞみ(田畑智子)は
人気のジャズバーのマスター木戸(豊川悦司)のもとに、
売れ残りのろうそくを抱えてやってくる。

初めて言葉を交わすふたりの間に、暖かな交流が生まれ
やがて木戸は、忘れられない恋のことを語り始める。

(豊川悦司は、役作りのために菊地雅晃からウッドベースを習ったそうです)

監督は『東京タワー』の源考志
クリスマスイブの夜に東京が大停電に遭遇した
12人の男女の物語を交錯させながら

ロマンティックに描くラブストーリーで
年齢も境遇も性格もちがう12人の男女は
停電により向かい合った相手に真実を語りだす。

 

映画「7月24日通りのクリスマス」は?

7月24日通りのクリスマス」は、2006年11月3日に
全国東宝系で公開されたロマンティック・コメディ映画で

原作は吉田修一の小説「7月24日通り」
長崎とリスボン(ポルトガル)の街が映画の舞台となっています。

bandicam 2015-10-19 17-08-38-734

「7月24日通り」は、ポルトガルのリスボンに実在する通りだそうですが
ポルトガルと言われても知っているのは鉄砲伝来とザビエルくらいで
調べてみるとヨーロッパの南西に位置するイベリア半島、スペインの隣の国でした。

bandicam 2015-10-19 16-02-00-094

 

 

生まれ育った長崎で、地味で平凡な生活を送るOL・本田サユリ(中谷美紀)。
退屈な毎日を過ごす彼女の楽しみは
長崎の街をポルトガルのリスボンの街に置き換え
出会う男性たちに“自分だけの王子様ランキング”をつけること。
そんな彼女の唯一の自慢は、超美男子の弟・耕治(阿部力)だけ。
しかし、弟が連れてきた恋人は地味で冴えない
自分にそっくりなメグミ(上野樹里)で、サユリのイライラは募るばかり。

幼なじみの漫画オタク・森山芳夫(佐藤隆太)に
恋をしたいと愚痴ってばかりの日々、そんなある日
大学のOB会にやって来たサユリの自分だけの王子様ランキングのトップを
独走中の憧れの先輩・奥田聡史(大沢たかお)と再会する。
しかも後日、なんと聡史からデートに誘われて
すっかり舞い上がるサユリだが
聡史との仲が進展するほど不釣合いな恋に臆病になってしまう。

クリスマスまであと1か月
妄想と現実の狭間で揺れ動くサユリの恋の行方は…?

(7月24日通りのクリスマスwikipedia参照)

bandicam 2015-10-19 16-40-58-027

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
少しは楽しんで頂けたでしょうか?
よろしかったらこちらの記事もどうぞ。

リリーフランキー冴えないオヤジが何故もてる?映画情報も!
橋本愛の映画(残穢 )が半端ない!(シェル・コレクター)情報も
山本舞香の中学高校は?新ドラ(南くんの恋人)や映画(桜ノ雨)も
傑作CMクリスマスエクスプレスと名曲クリスマスイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

おすすめカテゴリー記事