葵わかな性格は人見知り!乙女新党との関係は?映画(罪の余白)情報も

この記事は3分で読めます

葵わかなさんは現役の女子高生で透明感が魅力の女優さんですね。

葵わかなさんがデビューした切っ掛けと言うのが小学校5年生のとき
ちょうど「クイズ!ヘキサゴン」にハマっていて

オーディション用の写真を撮りに行ってその帰りに
たまたま原宿でスカウトされたそうです。

葵わかなさん本人は
「写真を撮り終わった後だったので、嬉しかったんですけど、損したなって」
と笑顔で話しています。

しかしオーディション用の写真を撮りに行ってその帰りに
スカウトされる、そんな巡りあわせがあるんですね。

と思いきや、もう一つの巡りあわせがあって
事務所に入っていきなりの1週間後に、ファミリーマート「霧島の天然水」の
CMのオーディションに合格しています。

芸能界に入るの何度もオーディションに挑戦している人もあれば
葵わかなさんのような超ラッキー(?)な人もいるんですねえ。

今日はそんな葵わかなさんを取り上げてみました

最後まで読んでくれたらうれしいです。

スポンサードリンク

葵わかなのプロフィール

bandicam 2015-08-22 07-53-22-518

葵わかな(あおいわかな)

生年月日:1998年6月30日
血液型:A型
出身地:神奈川県
趣味:読書、歌うこと
特技:お絵描き

事務所:スターダストプロモーション

 

葵わかなの性格は?

葵わかなさんは人見知りの性格であまり友達がいないそうですが
中学校を卒業する時に、「乙女新党 」のみんながとても感動的な内容の手紙をくれて

友だちって本当にいいものだなと感じて
これからは積極的に友だちを作っていこうと思ったそうです。

高校に入学した時も、仲良くなりたいんですけど
人見知りの性格で、最初何を話していいのか分からないそうで

そこで考えて決行した作戦が、向こうから話しかけてもらう作戦で
カバンに「ラブライブ!」のキャラクターのキーホルダーを付けて
「かわいい!私もこれ知ってる!」って向こうから話しかけてもらう作戦。

それから、猫のペンケースを新しく買ったそうなんですが
「それかわいいね!」って話しかけてもらう作戦2。

なんとも人見知りのためかわいく苦労されていますね。
そんな葵わかなさんは趣味に読書と歌うことをあげていて読書は
三浦しをん、伊坂幸太郎、宮部みゆきなどの小説を読んでいるといいますから

私もよく宮部みゆきを読みますが、おもしろく読みだすとやめれませんよね。
えっ「関係ない!」
こりゃあ~こりゃあ、失礼しました。

 

葵わかなと「乙女新党」の関係は?

葵わかなさんは2012年から深夜番組で生まれたユニット
「乙女新党」のメンバーとして活躍しましたが

葵わかなさん個人の女優の仕事などで「乙女新党」の練習やイベントに
あまり参加できなくなったことや
女優を続けていくことを理由に「乙女新党」を卒業しました。

「乙女新党」のメンバーとは切っても切れない関係でしたが
「自分自身がもっと上のレベルに行くため」に決断したそうです。

2014年7月六本木ブルーシアターにて、3rdワンマンライブ
「乙女新党 3rdワンマンライブ 卒業 そして始まりのうた」で

葵わかなさん、荒川ちかさんが「乙女新党」を卒業して新たに
相原まりさん、緒方真優さん、其原有沙さん、長谷川愛里さんが加入しました。

「乙女新党」を卒業しても元メンバーの荒川ちかさんや高橋優里花さん
田尻あやめさんとは仲が良いそうで
喧嘩をしても離れられないような仲だそうです。

 

bandicam 2015-08-22 07-54-18-471

葵わかなの出演する映画「罪の余白」は?

葵わかなさんが出演する映画「罪の余白」は2015年10月公開予定です。

原作 : 芦沢央「罪の余白」

内野聖陽:安藤聡

吉本実憂:木場 咲

葵わかな:笹川 七緒

谷村美月

堀部圭亮

利重剛

加藤雅也

宇野愛海

 

映画「罪の余白」のストーリーは

高校のベランダから転落した加奈の死を
父親の安藤(内野聖陽)は受け止められずにいた。
娘は、なぜ死んだのか。彼女の死の真相を探ろうとする教師、

父親から疑いがかかるクラスメイトの咲(吉本実憂)
しかし彼女は普通の女子高生ではなかった。

芸能界入りを目前に控え、学校ではカリスマ的存在として君臨していたのだ。
大切な人の命を奪われた父は償いを求め、
少女はそんな父と大人たちの心理を操作する…。

(sinema cafenet参照)

 

bandicam 2015-08-22 07-51-56-274

葵わかなさん演じる笹川 七緒を調べてみると

笹川 七緒(ささがわ ななお)加奈たちのクラスメイト
クリスチャン。いつも1人でおり

学校では授業であてられた時しか話さず
休み時間も1人で淡々と時には笑みを浮かべながら

聖書を読み続けているため、クラスメイトから敬遠されており
フルネームで呼ばれている。どのグループにも属さず
常にクラスのヒエラルキーの最下層にいる。

(「罪の余白」wikipedia参照)

 

映画「罪の余白」について葵わかなさんのコメントは見つけることはできませんでしたが
監督・脚本 の大塚祐吉さんはダーク・ヒロイン役を演じる吉本実憂さんについて

「強い意志を持って仕事に挑まれている。
ユーモアのセンスを潜在的に持っていてそれを上手く役に取り入れて
一緒に仕事をしていてとても楽しいです」と称賛しています。

葵わかなさんは以前「アイドルは体力勝負でお芝居は頭脳」という名言をはいていますが
映画「罪の余白」はどんな映画になるのか、また葵わかなさん演じる笹川 七緒は

暗そうなイメージですが、「お芝居は頭脳!」でどんな演技になるのか
10月の公開がまちどおしいですね。

 

葵わかなさんは「将来は柴咲コウさんみたいになりたいんです」
目標を語っています。歌手も女優も大変だと思いますが頑張ってほしいですね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
よろしかったらこちらの記事もよろしくお願いします。

吉本実憂は笑顔が可愛くて美脚!出身高校や中学は?彼氏の噂も

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. At last some ratlnoaiity in our little debate.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめカテゴリー記事