吉田凛音はかわいい顔で性格は男らしい?デビューの時の心境も!

この記事は3分で読めます

2000年生まれの吉田凛音さんは「北の橋本環奈」と呼ばれ
北海道札幌在住の14歳、仕事の時は上京して活動しているようですが

アイドルやモデルの友達ができ、古着を原宿や高円寺に買いに行き
アメリカンキッズ風の服が好きだそうです

東京での空き時間も1人で行動できるようになり
「電車の乗り換えも慣れまくってます!」

と笑って応える吉田凛音さんに
今日はスポットをあててみました。

 

スポンサードリンク

 

 

吉田凜音のプロフィール

 

bandicam 2015-08-13 12-06-07-846

 

 

吉田凜音(よしだりんね)

生年月日: 2000年12月11日

血液型: O型

特技: 歌、ダンス

好きなアーティスト: 中川翔子、きゃりーぱみゅぱみゅ

大切なもの: 愛犬コロン

 

 

吉田凛音さんは小学校1年生の頃からダンスを自分の意思で習い始め
当時は習い事感覚であったのが
小学校2年生の頃に中川翔子さんのライブで

「しょこたんと踊る」というコーナーでステージに立ったことがきっかけで
歌を習い始め、ピアノもギターもドラムもやっていて特にドラムが好きだそうですが
中川翔子さんの影響でアイドルになることを志すようになりました。

2014年ノーナ・リーヴスの西寺郷太さんプロデュースによるシングル
「恋のサンクチュアリ!」でメジャーデビューをしています。

 

 

吉田凛音のデビューの時の心境は?

デビューの時の吉田凛音さんの心境はどうなのか聞くと

「ツイッターとかで友達から『おめでとう!』ってメッセージはもらったんですけど
まだそんなに『デビューしたんだ』っていう実感はないんですよ。タワレコさんにコーナーを作っていただけて

自分のCDがお店に置かれているのを見て、ようやく少しずつ実感が出てきたような感じです。
最初にお店でCDジャケットを見たときは、『うわ、自分じゃん』って笑っちゃいましたけど(笑)」

 

(日刊SPA参照)

 

と話していて

「本格的なレコーディングだったんで緊張しましたけど、西寺さんはすごく優しい人で、すごく楽しくできました」!

「レコーディングをやっていけばやっていくほど『私のことをすごく理解して曲を書いてくれているんだなあ』って感じるようになりました」!

「学校の夏休みをほとんどレコーディングに費やしたんですけど、デビュー曲にふさわしい4曲ができたなあって思います(笑)」!

などの言葉が印象に残るインタビューでした。

 

 

bandicam 2015-08-13 12-10-20-621

 

 

吉田凛音さんの作品、シングル、アルバムは?

吉田凛音さんのシングルは

2014年
恋のサンクチュアリ!

2015年
忘れないPlace/テンセイリンネ〜GONG!GONG!GONG!〜

 

吉田凛音さんのアルバムは

2015年
Fantaskie

 

 

吉田凛音さんの1stアルバム「Fantaskie」ではプロデュースした
ノーナ・リーヴスの西寺郷太さんが吉田凛音さんと会うたびに何が好きなのかいつも聞いていて

オレンジジュースとか苺のキャンディとか
ファンタが好きだって言ってたから「Fantaskie」になったそうです。

 

 

 

 

吉田凛音の性格は?

吉田凛音さんは自分自身の性格を
「……なんだろう。いいと思います(笑)」
と前置きして

「ざっくばらん」 で 「人見知りしない」
対バンライブの楽屋でも声を掛けて一緒に写メ撮ったり
ガツガツいくタイプだそうです。

ノーナ・リーヴスの西寺郷太さんは凜音ちゃんの面白い処は
アイドルのプロデュースとかするときは、先生と生徒みたいになりがちなんだけど
凜音ちゃんの場合はいい意味でさらっとしてるっていうか

「媚びたところがない」

と言っていますので吉田凛音さんはかわいい顔に似合わず
わりと男らしい性格だと言える思いますね。

 

学校でも男の子は異性として扱ってくれず
「今日、公園行くから行かね?」
みたいに遊びに誘われるそうです。

ちなみに中学生になっても
みんなで鬼ごっことかして楽しんでいるそうです。

 

 

 

bandicam 2015-08-13 12-08-20-020

 

 

そんな吉田凛音さんですが、学校は楽しいの質問には

はい!来年の春には上京して東京の高校に通うので、少し寂しいです
今、中3だけど、勉強は宿題以外あまりしてないです。やればできるけど、しないパターンですね

中学生の仕事じゃないですか、勉強は。でも私は芸能のお仕事もしてるので…
…とうまく理屈をつけてやらないタイプです。

 

(UTB参照)

と笑って応えています。

 

 

そんな吉田凛音さんを心から応援しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

おすすめカテゴリー記事