浅香航大の熱愛彼女が凄い!気になる性格や家族は?

この記事は2分で読めます

浅香 航大さんは朝ドラ「マッサン」の
演技が好演と話題になり、2月にはNHKの
TVドラマ「恋の三陸列車コンで行こう!
3月には映画「雨の桜」に出演予定です。

今回はアイドルから実力派俳優へまい進中
の浅香 航大さんを取り上げてみました。
最後まで楽しんでくれたら嬉しいです。

スポンサードリンク

浅香 航大のプロフィールは?

bandicam 2016-02-04 22-21-07-367

浅香 航大(あさか こうだい)

生年月日 :1992年8月24日

出生地: 神奈川県

身長: 182cm

血液型: O型

事務所:A-team


浅香 航大さんの名前「こうだい」は
TVドラマ『熱中時代』の水谷豊演じる
“北野広大”からつけられたもので
浅香 航大さんの父親世代に流行っていた
ドラマで1978年10月から1981年3月まで
放送されています。

浅香 航大さんは2008年、16歳の時に
今の事務所のA-teamのオーディションに
合格し、舞台を中心に活躍していました。

そして2011年連続ドラマ
『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆
パラダイス〜2011』でドラマデビュー
しています。

「きっかけは、単純に芸能界で
生きてみたいという好奇心だった」

(cinemacafe参照)

と芸能界入りについて話しています。
サラッと気負うことのない話し方は
好感が持てますね。

そして山﨑努さんのような個性的な雰囲気

bandicam 2016-02-05 18-12-38-191

をはなつ役者さんが好きで、
目標としているそうです。

そして2014年、連続テレビ小説
マッサン』に鴨居英一郎役で出演して
父親に反発する心情を繊細に演じて
好評を得ました。

 

気になる性格や家族は?

浅香 航大さんの家族は両親
4人家族で、3歳下の妹さんとは仲が良く
妹さんの誕生日には一緒にプレゼントを
買いに行くそうです。そして母の日には
カーネーションを贈るそうですから
浅香 航大さんは「素直」で「優しい
性格が伺えますね。

そして「潔癖症」との情報もあって
友人とかが家にくるのは苦手だそうです。

また浅香 航大さんは自分自身で
基本的に“緊張しい”だと言っています。

女性のタイプは
何を考えているのか分からない子
ふわふわした感じの子
が好きだそうですよ。

そう言えば今噂の川栄李奈さんは
ふわふわしてますかね?(笑)

 

浅香航大の熱愛彼女は?

浅香航大さんが現在真剣に
交際しているのは元AKB48で
女優の川栄李奈さんです。

bandicam 2016-02-04 22-19-29-129

浅香航大さんは「川栄李奈さんの事は、
女優さんとしても女性としても素晴らしく、
尊敬出来る方だと思っています」
とコメントしていて

双方の事務所も「仲のいい友達の一人です」
と交際について否定していません。

2人は川栄李奈さんの女優転身第1作の
舞台「AZUMI 幕末編」の恋人役で
共演し、浅香航大さんは舞台に不慣れな
川栄李奈さんを稽古中から献身的に支え、

bandicam 2016-02-04 22-24-14-018

そして意気投合して交際に
発展していったそうです。

川栄李奈さんにすれば慣れない舞台の
稽古からイケメンの浅香航大さんに
優しくされれば嬉しいですよねー。

bandicam 2016-02-04 22-29-07-765

こりゃあ落ちるわ!

舞台「AZUMI 幕末編」は人気漫画の
舞台化で浅香航大さんが演じるのは
土佐の坂本龍馬です。

その坂本龍馬に、生涯たった一度だけ
恋に落ちる刺客の女剣士・あずみ役を
川栄李奈さんが演じます。

舞台本番では2人の切ないラブシーンも
披露して、その熱演もあって「AZUMI」
は満員御礼の大ヒットとなりました。

川栄李奈さんは2016年、NHK朝ドラ
「とと姉ちゃん」の出演も決まっていて
女優業も上り調子のようです。

一方の浅香航大さんも映画
「俳優 亀岡拓次」に続き「桜ノ雨」の
公開を控えていて、公私ともに
大ヒットになればいいですね。

最後まで読んで頂いて
ありがとうございます。
少しは楽しんで頂けましたか?
よろしかったらこちらの記事もどうぞ。

ディーン・フジオカがかっこ良すぎる!気になる家族や出身高校も

遠藤憲一と吉田羊のダイハツムーブのCMが好評!プロフィールも

キリンビターズのCMが好評!気になる出演者のプロフィールも

火野正平が女にモテる理由はさりげない優しさ?潔さや直球勝負も

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめカテゴリー記事